雑談

昔の自分はなぜ釣れなかったのか?何がダメだったのか?考察してみた。

僕はサーフゲームを始めた頃は全然釣れませんでした。泣

今もたいして釣っていませんが・・・そんなの比じゃないくらいまったく釣れなかった・・・。

前に書いたことがありますが、3年近くサーフシ-バスボウズ。泣泣

その間にたまにソゲやイナダは釣っていましたが、どれも50cmにも満たないサイズ。

一体なぜ釣れなかったのか?何がダメだったのか?

当時の僕は何をやっていたのか?

思い返しながら考えてみました。

ぺんぎん
ぺんぎん
いま考えると昔の僕は全然ダメダメ。この記事に書いてあることはマネしないように!

当時の自分は何故釣れなかったのか? 

1.海とサーフを理解していなかった 

これが1番の原因ですね。

特に何も考えず砂浜でルアーを投げていました。サーフの釣りは堤防や磯場の釣りとは全然違います。釣りの腕を磨くことより海やサーフのことについてしっかり知識をつけましょう。今は常にいろんな事を考えて釣りをしています。考えるって大事。

 

2.朝マズメ『だけ』釣りをしていた

朝マズメは1日で1番釣れる時間帯だと思います。それは知っていて朝マズメ『だけ』釣りをしていました。当時は早朝4時~8時くらいまで竿を振っていました。でも、海の釣りは潮の干満が大きく影響するので、必ずしも朝マズメが良いというわけではないんですよね。

 

3.潮時表を見ないで釣りに行っていた 

潮時表の見方すら知りませんでした。今はネットで潮の干満ばかり調べて、考えて釣りに行く時間を決めています。

 

4.ベタ凪の日ばかり釣りに行っていた 

波が1m以上あると濁って釣りにならない!と思っていました。釣りに行く日は波が0.5mとかそんな日ばっかり狙っていました。それじゃあベイトは接岸しないし、大物も寄ってこないですよね。今では波は0.8~1.5mくらいがベストだと思っています。

 

5.場所移動しなかった 

全然場所移動しないで粘って釣りをしていました。経験があって理由があれば1カ所で粘る釣りも有効なんですが、何も考えないで粘ってましたからねwそりゃあ釣れませんわ。A海水浴場がダメなら一気にB海水浴場まで車で移動みたいな大胆な場所移動をすることも大事ですね。

 

6.雑誌やプロの釣りに影響されたルアーばかり使っていた

当時は雑誌ばかり読んでいました。どうやったら釣れるんだろう?って。で、プロの人が「このルアーで座布団ゲット!」みたいな記事があるとそれを買ってそればかり投げてましたw昔の僕に言いたい。「それ!宣伝だから!」

 

7.ストップせずひたすらタダ巻き 

特にヒラメを狙うときは巻きをストップして底までルアーをフォールさせるという事はすごく大事ですね。昔の僕は投げたらひたすらただ巻き!それじゃあルアーは浮き上がって底に居る魚はなかなか喰ってきません。巻きたい気持ちはわかりますが、しっかりストップしてルアーをフォールさせましょう。

つまりこうすれば釣れる!

・海とサーフについて理解する

・潮の干満差を理解する、考える

・少し荒れている日に釣りに行ってみる(※波3m以上の日は危険ですので行かないように!)

・自分の行く釣り場に合ったルアーを探す

・しっかりルアーは底まで沈める

ぺんぎん
ぺんぎん
あとはあなたの腕次第!

最後に 

昔釣れない釣れないと思いながら竿を振っていた自分に言いたい。

そりゃ釣れねぇよ!

って。

今とはほぼ真逆のことをしていました。

釣れないときは釣れない理由があるんですよね。

今回書いたことはマネしないように!

ぺんぎん
ぺんぎん
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

Twitter始めました→(@285Nf8mRTeVXEhp)
よかったら絡んでやってください。

 

サーフゲーム始めるならネッサCI4+!選び方をご紹介。今年からサーフゲームを始めるアングラーの方に シマノ ネッサCI4+の選び方 をご紹介します。 なぜネッサCI4+がおすす...
【インプレ】やっぱりレガリスLTが超オススメ!高級リールと使い比べてわかった事この半年で僕はレガリスLT、レグザLT、19セルテートLT、19バンキッシュと使ってきました 使い比べて思ったのが レガリス...
【2020年版】おすすめヒラメルアー50選!これさえ買えば間違いなし!世の中に無数とあるヒラメルアー。 どれを買えばいいの?って感じですよね。 僕も今までいろんなルアーを試してきました。 ...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。