釣行記

【釣行記】一ヶ月ぶりの釣り日和は盛大にボウズでした!

2019年12月16日

一ヶ月ぶりの釣り日和。僕にとってね。

本当はエリアトラウトに行く予定でしたが

あまりに気持ちの良い天気だったのでシーバスに変更。

潮も良いし、釣れてほしいなー。

という期待とは裏腹に、

どうやら僕の住んでる地域はハタハタパターンに突入してしまったようです。

ハタハタパターンになると釣果が夕方~夜に偏るんですよね-。

日中は厳しくなってしまう。

でも、やっぱりデイに釣りたいんですよ!

ということでお昼の11時に家を出るw

今回はシーバス狙い。

磯です。

ヘルメット装着でいざ行かん!

 

目的の場所取れたー!

釣り始めはお昼の12時半。

満潮が夜8時なので8時間この場所で粘ってやる!

と意気込んで防寒もガッツリ着てきました。w

 

前日の荒れのせいか若干濁ってる・・・。

思ったより波は低く、風も弱い追い風。

微妙。

というか悪条件。

にしても天気良いなー!

良過ぎる。

 

ゴーフィッシュのヒラフィードで

まずは上のレンジから調べます。

相変わらずアクションはメッチャ良いけど飛びませんねー。

 

ヒラフィードの飛距離にイライラしてぶっ飛ばしたい気分にw

岩礁の中にぶっ込むのでフックはシングルフックに。

もはやぶっ飛び君ではなくぶっ込み君w

これで根掛かりしません。

がまかつのシングルフック53ソルトの#1。

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥540
(2021/10/18 05:10:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

エクリプスのフルフロウ120F。

初めて投げましたが結構良いですね。

口では言い表しにくいですけど。

アクションとレンジと浮力は好きでした。

もうちょっと風の影響を受けにくい作りだったらなー。とは思いました。

すごく飛ぶときもありますが、安定しない。

 

カラーローテーション。

ちょっと水が濁ってるのでグローを入れてみる。

大好きなレンズキャンディーグローベリー。

 

そしてエボルーツ。

コレで釣れなきゃ魚は居ません。

そのくらい自身のあるミノー。

何度投げても使い心地が最高ですね。

created by Rinker
ブレイズアイ(Blazeye)
¥2,410
(2021/10/18 05:10:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

リーダーは小まめにチェック。

ちょっとでもキズが付けば切るか交換します。

 

そして午後3時。

来るぞ!夕マズメが!

ゴールデンタイムがっ!!

鼻息が荒くなる。w

 

沖から一気にイワシとシーバスが押し寄せてくるんじゃないか。

そんな宝クジ感覚の希望。

 

3時10分。

3時20分。

どんどんゴールデンタイムに近づく。

 

が、

寒い!!!!

 

昼間は汗が出るほど熱かったのに

急激に冷え込んで死ぬほど寒い。

貼るホッカイロも途中からつけたのに

とにかく指と足が冷たい。

 

という感じで夕マズメ直前に撤収するのであったw

根性が足りん!ww

 

釣り日和でしたが終わってみれば修行でした。

多分この日が今年最後のシーバス。

釣りたかった。

無念。

でも楽しかった。

磯の釣りって「磯を撃つ」ことがおもしろい。

左から撃って、右から撃って。

レンジ下げて、ルアーサイズも下げて。

考えながら磯を撃つのは本当に楽しい。

来年こそ磯で使えるロッド買おうかな。

もう何年も磯マルはサーフロッドでやってるんですよね。

 

次の休みは釣りに行けそうならメバルかエリアトラウト行きます。

次こそは釣りたい。

というか釣れる釣りに行きますw

これで次ボウズだったら笑ってください。泣

 

今回は一ヶ月ぶりの釣り日和にボウズだったお話でした。

ぺんぎん
ぺんぎん
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
シマノの熱砂シリーズだけで釣りに行ったら釣れるの?実際に試してみた!【インプレ・実釣編】シマノの 熱砂シリーズって本当に釣れるの? 急に気になった僕は シマノの熱砂シリーズだけ持ってサーフに行ってきました。...
【釣行記&インプレ】ジョルティはエサだ!と知人が言うのでサーフで投げてみた結果。2019年7月3日 釣行記 知り合いが最近ブルーブルーのジョルティを使って釣っているらしい。 ヒラメやらシーバスやら...
【決定版インプレ】ぶっ飛び君95Sを「5年以上使い込んだ男」が使い方や魅力を解説!ジャンプライズ 「ぶっ飛び君95S」 サーフアングラーの僕の中では 最高のルアー だと思っております。 僕...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。