用品・ギア

ネッサエクスチューンが発売するそうなのでユーザー目線でいろいろ考えてみた。

ネッサエクスチューンが2020年8月に発売になるようです。(予定)

いや~待ちましたよ!待った待った!

ネッサシリーズの最上位機種はネッサリミテッドですが、ちと高過ぎる。欲しいけどなかなか手が出ない。でもCI4+より良いロッドが欲しい。

ってなわけで「初代ネッサ」がモデルチェンジされるのをず~~~っと待ってたわけですよ!

名前は「エクスチューン」になりましたが、価格帯的に初代ネッサのモデルチェンジですね。

先日スペック等の詳細が公開されましたので、発売以来ネッサCI4+ユーザーの僕がネッサエクスチューンを「ユーザー目線」」で見ていきたいと思います。

ぺんぎん
ぺんぎん
ネッサファンの僕がユーザー目線で見ていきます!

ネッサエクスチューンのスペックについて

ネッサエクスチューンのラインナップは5種類!

S104M、S108M+、S1102M+、S106MH、S100MH+

まあ~見事なまでに万能なラインナップですね。もはや芸術。

ヒラメ、マゴチに向いているスペック、サーフショアジギングに向いているスペック、オオニベなどの大型魚向けスペック、ロングロッド。

パッと見た感じ1番人気&売れそうなのはS108M+になりそうだな。と思います。1番オールラウンドでド真ん中スペック。

ただ、僕個人の趣味ではS104M一択です。僕が買うならそれ以外は考えられません。

というか、10ft以下も1本くらい出してほしいな~

初代ネッサは96とかあったじゃん…。

ぺんぎん
ぺんぎん
全部買うってのもアリだな!(白目)

ネッサエクスチューンの特徴

リミテッドは最高峰。

CI4+はコスパと軽さ。

じゃあエクスチューンは?

力強さと粘り強さが特徴のようです!

まあ…でしょうね!って感じ。

これはリミテッド、CI4+との差別化ですね。

 

いや~、良さそうだな~。

シマノの軽量ロッドって軽くてすごく使いやすいけど、硬いし粘りが全然ないんですよね。

ネッサCI4+も掛けた後ヒヤっとすることがたまにある。

その感じが苦手な人は国産ブランクスのロッドを選ぶんですよね。

で、僕は天龍のロッドも使ってるわけです。

でも今回のエクスチューンは粘ります!掛けてからも安心です!って事ですよね?

最高じゃないですか。

 

パワーに関しては~…、うん!座布団ハンターの人たちには重要ですね!僕みたいな万年ソゲハンターには関係ないわ!ってわけでもありません。

実際ロッドパワーはルアーを巻くときのパワーにも関係しています。近年流行りの重たいルアーを巻くときにロッドパワーがあるとラクに巻ける。つまり長い時間釣りをしていても疲れにくいということです。

でも最近のH田さんはオオニベとかも釣ってるから、そういった大型魚狙いもかなり意識してるのかな~

ぺんぎん
ぺんぎん
粘るネッサ待ってました!

注目すべきは自重と先径!

▼今回はこの3本でスペック比較しています

エクスチューン S104M 自重167g 先径2.0mm

CI4+    S1002M  自重171g  先径2.2mm

リミテッド   S102M 自重162g 先径2.1mm

 

 

!!!!?????

おいおいちょっと待て。

ぺんぎん
ぺんぎん
エクスチューンめっちゃ軽くて穂先細いじゃん!

ってかCI4+より長くて軽いじゃん。

先径に関しては1番細い。ってことは12cmフローティングミノーとかワームなんか使いやすそう。で、バイトあったとき穂先がスッと入りそう。

でも強いし粘るんでしょ?

ぺんぎん
ぺんぎん
これかなりスゴイんじゃ…。

最初見たとき「何でS102MじゃなくてS104Mなんだろう?」ってすぐ考えました。まさかエクスチューンをS102Mで作るとリミテッド超えちゃうってことはないよね?それで誤魔化すためにちょっと長くして重くしたってことはないよね?ね?

スクリューロックジョイントについて

スクリューロックジョイントって何だ?

僕の知らないシマノテクノロジーでした。

メーカーHPで調べると

継部(ジョイント部)の固定力を高めつつ、外しやすくする特殊加工のようです。ロッドを継ぐ際にひねると締め込まれ、反対方向にひねると簡単に固定を解除できるらしい。

これはすごく嬉しい新機能!!

僕はネッサCI4+を発売以来使ってますが、メタルジグなんかをアクションさせるためにロッドを動かすと1番(穂先)が回るんですよ!で、ガイドがズレる。

それを毎回直して使っているんです。

これは僕がCI4+を長年使っているからジョイント部が劣化してスベっているのかもしれません。

どのみちネッサシリーズは3ピース。釣りをしていて穂先が回りやすいわけです。

これがスクリューロックジョイントのおかげでしっかりロックされるんであれば快適にジグをシャクったり、ヘビーミノーをジャークできます。

ぺんぎん
ぺんぎん
これ、ネッサユーザーにとってはかなり画期的なテクノロジーなんじゃね?

もう名前はキング・オブ・ネッサでいいじゃん。

もう完璧じゃん。次回作どうすんの?

って感じです。

リミテッドとも違う系統で使い分けもできそう。

あとは強さを重視するあまり、バキバキムキムキ過ぎるロッドになってないか?っていう点に注目ですね。これは実物を見ないとわかりませんから。

実物見て触って「うわっ、硬ぇ~!」って思うか「おっ結構マイルドじゃん!」って思うか。それで良かったら買おうと思います!

 

ってな感じでネッサエクスチューンは2020年8月発売予定!

期待して待ちましょう!

いや、マジで楽しみ!

ぺんぎん
ぺんぎん
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥60,830
(2020/10/25 18:41:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

Twitter→(@285Nf8mRTeVXEhp)
よかったら絡んでやってください。

 

サーフゲーム始めるならネッサCI4+!選び方をご紹介。今年からサーフゲームを始めるアングラーの方に シマノ ネッサCI4+の選び方 をご紹介します。 なぜネッサCI4+がおすす...
【ネッサCI4+】僕がS1002Mを選んだ理由。僕はネッサCI4+を何年も愛用しています。 S1002Mを。 この竿を選ぶとき僕は「1本の竿でヒラメ攻略をしたい!」という思...
シマノの熱砂シリーズだけで釣りに行ったら釣れるの?実際に試してみた!【インプレ・実釣編】シマノの 熱砂シリーズって本当に釣れるの? 急に気になった僕は シマノの熱砂シリーズだけ持ってサーフに行ってきました。...
【インプレ】スピンビームを4年以上使った感想!使い方もご紹介。シマノ スピンビーム32g! 僕が長年愛用しているサーフ用メタルジグです。メタルジグでヒラメを釣るのが苦手な僕でもスピンビー...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。