【インプレ】ルアー

【インプレ】シマノ ブラストシャッド140Fを使ってみた感想。

シマノのビッグミノー

「ブラストシャッド140F」

全く魚っ気のない2月のサーフで

使ってみました。笑

2日間使用したのでちょっと

わかってきました。

 

ブラストシャッドは140Fと170Fがあり、

コノシロやボラ、ハタハタなどの

大きいベイトに合わせて作られた

ビッグミノーです。

 

こういうビッグミノーをお店で見ると

「飛ぶの?」

っていう事が1番気になりますよね・・・。

 

ちなみにブラストシャッド140Fは34g、

そしてシマノが誇る重心移動「AR-C」

が備わったルアーです。

 

メーカー測定の平均飛距離は63mだそう。

 

AR-Cって相性ありますよね。

サイレントアサシンシリーズは

メチャクチャ飛びますが、

シマノのAR-Cルアーで

飛ばないものもいっぱいある。

そして物によっては風に弱い。

無風だとかっ飛ぶのにちょっと風が

吹くとあんまり飛ばない。みたいな。

 

ブラストシャッドはどうなのか?

特に「飛び」に関してかなり意識して

使ってきたのでご紹介します。

使用感・感想

・飛距離
条件が揃えばかなり飛びます。

無風~弱風フルキャスト、できれば硬い竿が条件です。

僕はネッサCI4+S1002Mで投げましたが、フルキャストすると竿が負けます。

MAX50gくらいまで投げられるMH以上の竿だともっと飛ぶと思います。

この日は他にタイドミノーSLD140とサスケ120裂波を投げましたが決まったときは

他の2つと遜色なく飛んでいました。

決まったときは・・・。

ただし、風が吹くと全然飛びません。ビッグミノーの宿命。笑

・アクション
巻き始めのアクションレスポンスの高い

AR-Cとルアーサイズの組み合わせで

「ぐわんぐわん」泳ぎます。

スローでもしっかり泳ぎ、ハイアピール。

アクションはワイドローリングですので

フラッシュでのアピール力も高いです。

泳いでるところを見ると「キラッキラ!」してました。

ハタハタパターンのときは特に巻き始めバイトが多いので、

巻き始めのレスポンスが高いのはすごく良いと思います。

 

リアルハタハタというカラーについて

ブラストシャッドにある
「リアルハタハタ」

というカラー。

めっちゃ美しい・・。

ハタハタ模様、ヘッド周辺のゴールド、ボディ上のなんとも言えないパープル感。

めっちゃ綺麗。

これに惹かれて思わず買ってしまいました。

釣れる釣れないで言えば、他のカラーの方がオススメです。笑

でも、リアルハタハタは
「これで釣りたい!」

と思わせてくれるカラーでした。

僕は普通にイワシがベイトのときに使います。笑

 

ブラストシャッドはこんな人にオススメ!

・シルエットの大きい魚がベイトになっている状況で釣りをする人

・ビッグミノーでも巻き始めのアクションにこだわる人

・MH以上の硬い竿を持っている人

 

まとめ

正直言うと140Fと170Fの間がほしい。笑

140だとアサシンとそんなに変わらないし、170だと僕にはデカ過ぎ。笑

140Fはこれからもイワシパターンで使います。

しかもハタハタカラーを。笑

どちらかというとリバーシーバスの鮎とか
ボラがベイトになっているときの

ドリフトが良さそうだな~・・・。

というか、それ用のルアーですね!笑

ビッグミノーの中では飛距離と巻き始めの

アクションが魅力的なルアーですよ!

というお話でした。

 

Twitter始めました→(@285Nf8mRTeVXEhp)
よかったら絡んでやってください。

【インプレ】20ツインパワーを実際に使ってみた率直な感想。ネットで賛否両論。意見が分かれに分かれまくっている シマノ 20ツインパワー 僕も実際に使ってみたので 僕なりの感想を...
タイドミノーのススメ。インプレや使い分け、使い方など。僕がもう10年近く使っているミノー。 デュオ タイドミノー 昔は最高クラスの飛距離とその艶めかしい泳ぎから「超高性能ミノー」...
【インプレ】シマノのシースパロー95Sの使用感・感想・使い方をご紹介!シマノのシンペン シースパロー95S 今となっては結構古いルアーになります。 熱砂シリーズですが、シマノは「ナブラ直撃...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。