雑談

【サーフヒラメ】ミノーはフローティング?シンキング?どっちが使いやすいの?

ヒラメを狙うときミノーって使いますか?

ヘビーシンキングは当然使いますよね。

 

普通のフローティングとかシンキングとか・・・

 

僕はメッチャ使います!

 

時代と共に良いルアーが多くなり

ミノーの人気がどんどん落ちているという噂

 

まあ、ぶっちゃけレンジを合わせるのが結構メンドイですよね。

飛ばないし。

 

ヒラメの捕食ゾーンに入りにくいルアーなのは間違いないです。

 

しかし、ミノーには多くのメリットがあります。

というか単純に釣れます。

 

今回はミノーの魅力をご紹介します。



 

ミノーを使うメリット

 

・サイズによる存在感

ミノーは7cm~20cmくらいのサイズがあります。

主にヒラメで使うのは約10cm~14cm

サイズが大きい=魚が見つけやすい=釣れる。

というメリットがあります。

 

・サーチ性能

ミノーは巻くと一定のレンジで泳ぎます。

ワームやシンペンと違って「浮き上がり過ぎる」ことが無いので何も考えず巻くだけで

OK!

非常に効率の良い釣りになります。

 

・ナチュラルアクション

ゆっくり巻いてもしっっっかり泳ぎます。

「ウネウネウネウネウネ。」

主なメリットはこの3つ。

 

フローティングorシンキング?

雑誌でよく見かける言葉があります。

それは

ヒラメを狙うならシンキングだけでOK!

断じて否!!

僕は人生でヒラメを釣ったのは

フローティング:シンキング

6:4くらいです。

シンキングの方が巻かなければ沈むので

レンジが合わせやすい、飛距離が出る、波に強いというメリットがあります

僕が釣りをしていて出番はシンキングの方が多いです。

対してフローティング。

深い場所に合わない、飛ばない、波に弱い

しかし、釣れる!

なんで?って話ですが、フローティング独特の浮力があるヌルヌルヌメヌメした動きで

魚の喰いが違う!

これはヒラメに限らず魚なら何でも共通です

ただ注意が必要なのが
潜行レンジ30cmのミノーを3mの海で使っても

ヒラメは釣れません。

ヒラメの視界から約2m以内に入れる事が重要です。

 

オススメ!フローティングミノー

上:アイマ サスケ120裂波

超万能フローティングミノーです。

レンジは70~90cm。

水深1m~2mのサーフなら

とりあえずコレがあればOK!

下:ジャンプライズ ロウディー130F

波に強く、少し荒れた天気の日に活躍するミノー。

レンジは60cm~130cm。

ただ巻きで勝手にイレギュラーアクションが発生するので、文句なく釣れる一品

しかし、タックルによっては全然飛びません!

 

オススメ!シンキングミノー

上:デュオ タイドミノースリム145フライヤー

FLYER(フライヤー)=飛ぶ!

レンジは0.8m~1.1m

波にも強く、飛距離も安定!

個人的には実績No.1のシンキングミノー

しかし、売ってない。

メーカーがほとんど作ってないらしい・・・。

下:デュオ ビーチウォーカー120MD

見た目のロングリップとは裏腹に

潜行レンジは約1mという優秀ミノー!

メーカーHPや雑誌など、飛距離に関しては控えめな記事が多いですがメッチャ飛ぶ!

リップが長いので潜る角度があり、ヒラメに非常に向いているミノー。

 

まとめ

結局ね。全部必要なんですよ。笑

フローティングミノー、シンキングミノー、シンペン、ジグ。

状況に合わせてルアーをチェンジすることが釣果への最大の近道ですね。

もし、今までヒラメ狙いでミノーを使ってないのでしたら、是非使ってみてください!
【インプレ】とりあえず19ストラディック初使用の感想。滑らかさが凄い・・・。19ストラディックを使って釣りに行ってきました。 魚を掛けた感じをしっかりとインプレしたかったんですが・・・ ボウズw ...
最強コスパカスタムハンドル。ゴメクサスって知ってる?先に言っておきますが上の画像のハンドルはリブレです。 最強コスパカスタムハンドル 「ゴメクサス」 って知ってる? ...
【比較】19バンキッシュと19セルテートLTを使い比べて思った事。どっちが良いの?今回は19バンキッシュと19セルテートを使い比べて思った事 ズバリどっちが良いの?を書いていこうと思います。 両方ともサーフ...
【釣行記&インプレ】ジョルティはエサだ!と知人が言うのでサーフで投げてみた結果。2019年7月3日 釣行記 知り合いが最近ブルーブルーのジョルティを使って釣っているらしい。 ヒラメやらシーバスやら...




ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。