魚の釣り方

シンペンとメタルジグの使い分けについて

今回はシンペンとメタルジグの使い分けについて僕なりのやり方を書いていこうと思います。両方とも遠距離狙いのルアーですが個人的には明確な使い分けがあります。

ぺんぎん
ぺんぎん
シンペンとメタルジグの使い分けはサーフゲームにおいて超重要!

シンペンとメタルジグの使い分け

個人の経験ですが喰わせの力が断然シンペンの方が上です。

これはシンペン特有のヨタヨタアクションや浮遊感、フォールスピードやフォールアクションだからこそのものだと思います。

これによりシンペンの方が平均すると大きい魚が釣れるんです。あくまでも僕の経験上。

特にシーバスやヒラメ、マゴチを狙う時はこの喰わせる力の差が出ます。

なのでシンペンが有効な状況はできるだけシンペンを使う。というのが僕のやり方です。

僕がベースとして使ってるのがジャンプライズのぶっ飛び君95Sとぶっ飛び君95Sラトルです。

いろんな種類のシンペンを試しましたがぶっ飛び君が1番良い。特に状況問わず使える安定した飛距離や泳ぎの安定感は秀逸ですね。

ぶっ飛び君は自分の釣りの中で『柱』となるルアーですので2~3色持って行ってカラーローテーションもしっかりします。

基本はシルバー系とゴールド系の2色でローテーションです。

で次にロングシンペン。

ぶっ飛び君を使っていて「ちょっとアピール力を高めたいな」と思ったらロングシンペンを使います。

その状況と言うのは自分の中で2つ。濁っているデカい魚が居そうな状況です。

でかい魚が居そうというのは濁り具合や潮の走りでなんとなく予想しますw

僕が使っているのはジャンプライズのかっ飛び棒130BRとデュオのBWウェッジ120Sです。

かっ飛び棒の方がアクションが安定しているし3番フックなので大物向け。個人的にはかっ飛び棒を投げたい。

しかしかっ飛び棒って飛ばすのが難しいんですよね。長くて硬めのロッドでしっかり投げないと飛ばん。ちなみに僕のキャストだとお恥ずかしながら70mちょっとしか飛ばんw

ちなみにロングロッドでマッチョなお兄さんが投げると100m近く飛ぶらしい。おいおい嘘だろ。

その点ウェッジ120Sは安定して80m以上飛ぶので風が強い日はウェッジ120S。

そんなわけでヒョロガリ短竿理論者の僕はウェッジ120Sの方がやや使う頻度が高いかな~。

 

ここまでシンペンのローテーションを書きましたが、シンペンて弱点もあるんですよね!

▼シンペンの弱点はこんな感じ

・操作が難しい

・釣りのテンポが遅い

・リアクション効果が出しにくい

これを補えるのがメタルジグです。

早い釣りが有効だったり、ベイトが小さかったり、シンペンよりさらに遠くを狙いたい時に使います。

特に日本海の春~初秋には多いんですが『ベタ凪で潮の動かない日中』は圧倒的にメタルジグの方が強いです。

メタルジグで早い釣りを展開してリアクションで喰わせるイメージで使います。

前述したとおりシンペンは操作が難しく、状況によってはボトム感知やレンジがぼやけることがあるんですよね。そんなときにもっと精密に攻めたいと思ったらメタルジグを使います。

それとイナダやサゴシやサバなどがナブラになっている状況もメタルジグでナブラ打ちが有効。

メタルジグは30gがメイン。

使うのが多いのはセンターバランスのジグとヒラメ用のジグとスロージグの3種類。

これの使い分けもサクっと書いていきます。

センターバランスのジグを使うのは水深2m以上の場所、なおかつ縦のアクションが有効な状況です。ガンガンアクションを付けてリアクション効果を狙います。

次にヒラメ用ジグ。僕はシマノのスピンビーム32gとバディーワークスのオフベイトを使います。スピンビームは水深1.5m未満のサーフで早巻き。オフベイトは1.5m~3mくらいのサーフでタダ巻きかジャークです。

特にこの2つはヒラメ、マゴチなどのフラットフィッシュ専門で狙う時に使うことが多いです。

最後にスロージグ。これは凪の日でフォールアクションでしっかり魚に見せてアピールしたいとき。

こんな感じです。

めとめ

遠距離狙いのベース→ぶっ飛び君

アピール力を高めたい→かっ飛び棒、ウェッジ120S

水深2m以上でリアクション狙い→センターバランスジグ

水深1.5m未満でリアクション狙い→スピンビーム

水深1.5~3mくらいでフラット狙い→オフベイト

凪の日フォールでじっくり見せたい→スロージグ

センターバランスとスロージグに関しては使うジグが多すぎるので具体名は割愛w

今年はバスデイのバンジーショットにハマってます。泳ぎが艶めかしくてよき。

いつもこんな感じで使い分けてます。

参考になることあったら是非試してみてください。

ぺんぎん
ぺんぎん
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
本当は教えたくない「ぶっ飛び君のシングルフックチューン」についての詳細。ジャンプライズのぶっ飛び君95S。 僕はシングルフックを装着して使います。 ぶっ飛び君のシングルフックチューンは非常におすす...
【決定版インプレ】ぶっ飛び君95Sを「5年以上使い込んだ男」が使い方や魅力を解説!ジャンプライズ 「ぶっ飛び君95S」 サーフアングラーの僕の中では 最高のルアー だと思っております。 僕...
【インプレ】バディーワークス オフベイトを使った感想。特徴や使い方。バディーワークス オフベイト ・どんな特徴があるの? ・どうやって使えばいいの? ・ぶっちゃけ釣れるの? ...
created by Rinker
ジャンプライズ(JUMPRIZE)
¥1,900
(2022/07/03 07:04:53時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。