【インプレ】釣り具その他

【インプレ】ステートクラッチを使ってみた感想や特徴など。

今回はサンラインのルアーリーダー『ステートクラッチ』をシーバスやフラットフィッシュ狙いで実際に使ってみた感想や特徴などを書いていこうと思います。

ぺんぎん
ぺんぎん
最近気に入ってメインで使っているナイロンリーダーです!

ステートクラッチの特徴

ステートクラッチはシーバス専用ナイロンリーダーです。

特徴はなんといっても初期低伸度設計

ナイロンラインは基本的に伸びる。そしてその伸びがクッションとなり掛けた魚をバラシにくい。

ステートクラッチは『初期』低伸度。つまり最初は伸びにくい設計となっている。これによりルアーをコントロールしているときからフッキングまでは低伸度で感度が良い。そして魚とのファイト中、大物が掛かって一定の負荷が掛かると徐々に伸びてバラシを減らすという設計になっています。

ぺんぎん
ぺんぎん
初期低伸度設計ナイロンリーダー『初期』というのがキモです!

実際に使った感想。

1箱分(50m)使った感想です。

ナイロンにフロロの要素を取り入れたリーダーという印象です。

簡単に言うとナイロンとフロロの中間。

普通のナイロンリーダーと違い、魚が掛かるまではクッションとなっている感覚が少なく、クニャクニャしてない。

個人的に1番良いなと思っているのがロッドアクションを付けるときです。特にジャークやリフト&フォールがやりやすい。僕はナイロンラインの弱点はメタルジグのジャークとシンペンやワームのリフト&フォールがやりにくい事だと思ってますがステートクラッチは低伸度なのでちゃんとルアーが跳ねます。これがすごく良い。

僕の場合サーフに行けばメタルジグは必ず投げます。しかし普通のナイロンラインだとそのクッション性でルアーが操作しにくく、それがネックでナイロンリーダーは万能ではないと思ってたんですよ。でもステートクラッチはそれができた。これによりステートクラッチはどんなルアーにも対応する万能ナイロンリーダーだと感じています。

メーカーは「ナイロンラインのデメリットを改善」と謳っていますが、本当に改善されていると思う。

魚が掛かっているときはクッション性があります。大物が掛かってドラグを出されるくらいになるとちゃんと伸びます。先日サーフからマダイを釣ったときに伸びやクッション性を体感できました。

ファイト中はナイロン特有の信頼感があります。

ちなみに大物を掛けた後は通常のナイロンラインと同じで伸びてパスパスな感じになるのでリーダーの結び変えが必要です。

70cmくらいのシーバスならスナップの結束部だけ不安なのでスナップだけ結び直せばOKでした。

総評として個人的にはかなり優秀なナイロンリーダーだと思います。少し硬めなので好みは分かれるかもしれませんが…。

こんな人にはおすすめ!

普段フロロリーダーを使っていて、もう少しバラシを減らしたりファイト中の安定感を出したい人。

普段ナイロンリーダーを使っていてもう少し感度が欲しい人。ナイロンでもロッドアクションを付けてルアー操作したい人。

こんな人には不向きかも

柔らかさを重視してナイロンリーダーを普段選んでいる人には不向と思います。ステートクラッチはナイロンとしては硬めです。

ナイロン特有の柔らかさを利用してルアーを自然に弱々しく泳がせている人には合わないと思います。

個人的にシーバス狙いでミノーやシンペンのタダ巻きのときは柔らかいナイロンの方が好きです。

結束について

結束の締め込みやすさもナイロンとフロロの中間という感覚です。最初は少し硬いですがギュッと力を入れるとしっかり締め込みます。

結束強力、結束強度もサンラインの自社製品、他社製品より強い数値で作られている安心して使えます。

ぺんぎん
ぺんぎん
すまん。これに関しては文章で伝えるのはちょっと難しい…。締め込みは中間くらいだと思ってもらえればOKよ。強力、強度は強い。

スプールサイズについて

スプールサイズは直径8cm、厚さ(高さ)1.8cmあります。一般的の小型サイズリーダーと比較すると写真の通り。少し大きいのでやや持ち運びにくいです。フローティングベストの小さいポーチには入りません。

ぺんぎん
ぺんぎん
30m入りの小型スプール版も発売してほしい!

ラインナップ

ステートクラッチは全て50m巻きです。

この性能で50m巻きならコスパも良いですね。

ラインナップは3号12lb、4号16lb、5号20lb、6号25lb、7号30lb、8号35lb、10号40lbの7種。

僕はメインで5号20lb、大型が狙える日や荒れている日は6号25lbを使っています。

最後に

シーバス専用ナイロンリーダーとしてしっかり考えて作り込まれています。もちろんフラットフィッシュや青物狙いでもなんの問題もないです。

コスパ面も優秀だしルアーコントロール性能も良いので何か大きな不満が出るまではメインで使っていこうと思います。

ぺんぎん
ぺんぎん
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
サーフ真鯛釣れました!ヒットルアーはこれです。やっと良い日に当たりまして サーフ真鯛を釣ることができました! 68cmでした! ありがとうございます(゚∀゚ ) ...
船ハリスとショックリーダーの違い。ショックリーダーとして使えるの?を解説します!船ハリスをショックリーダーとして使う人は多いです。昔からプロも愛用しているほどです。しかし船ハリスをショックリーダーに使って大丈夫なの?...
【釣行記】フラットフィッシュ専用リーダーで狙う!夏の照りゴチ編ついにヤマトヨテグスから『フラットフィッシュ専用リーダー』なるものが発売されましたね。 その名も 耐摩耗リーダーforフラッ...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。