【インプレ】ルアー

最近サーフで使ってる3種類のミノーについて

いつもブログやTwitterを見てくれている人は知ってると思いますが、最近はこの3種類のミノーをメインで使ってます。

・タックルハウス K2F122MS T:0.8

・シマノ サイレントアサシンFB129F

・スミス ハルカ145S

僕のブログの読者の皆さんならわかると思いますが、今まではあんまり使ってこなかったミノー達です。

今回はこれらを使っている理由を書いていこうと思います。

2021年の新潟サーフについて 

今年は本当に渋いっス。

新潟のサーフで10年以上釣りしてますが、釣りに行っててここまで釣れない年は滅多にない。というか初めてかな?

釣りには行ってるんですよ。釣れないんですよ。

釣れないしベイトが居ないですね。

まあ、ここらへんは釣れない言い訳だと思っといてください。釣ってる人は釣っている。

 

それに加えてガソリンがどんどん値上がってるので近場のサーフをもっと開拓しようと躍起になってます。

それと例年に比べて全体的に穏やかな日が多い。(僕の休みが凪の日に当たってるだけかも!)

 

ではこんな状況でどうするか?

僕が選んだのは

波動を『1段階下げる』

ということ。

弱々しい波動の泳ぎでルアーと魚が出会ったら確実に喰ってもらおうという作戦です。

 

最近よく悩みます。釣れないとめっちゃ悩む。

魚が釣れない場合

1.アピール力を高めて魚にアピールする

2.アピール力を下げて魚にアピールする

皆さんはどっち派ですか?

K2F122MS T:0.8

タックルハウスの名作K2シリーズ。

もはや伝説ですね。

そのK2シリーズの中で1番小さくて1番レンジが浅いのがこれ。

全長122mm、重さ19.0g、フローティング、レンジ10~80cm、フック#3。

K2シリーズ自体は6~7年前くらいはよく使ってました。釣れますがそれ以上に見た目が好き。←これ重要!

僕の中ではエヴォルーツと使いどころが被っていて、最近はエヴォルーツばっかり使ってた。

でも最近なんとなくわかってきたのが『エヴォルーツは波が弱いとあんまり釣れない』ということ。

エヴォルーツ使うなら理想は波1.2~2mくらい。

最近の僕の休みの日は波0.5~1mくらいが多い。

ここで

『ちょっと波動を弱くしたい。』と思った。

そこで最近K2Fを使ってるという感じです。

これが久しぶりに投げてみたらめっちゃ良くてですね~!

ちょっとハマってるんですよね~!

50cmくらいのレンジで泳がすこともできるし、かなりスローで巻いてもヨタヨタ泳ぐし。

これは1軍昇格ですわ!(´∇`)

昇格というより『復帰』かな。

サイレントアサシン129FB 

最近流行りのフラッシュブースト。

え?流行ってないって?メーカーが必死に作ってるだけだって??

いやいや待ってくださいよ!

これがスゲー良いんですよ!

前回ヒラメ釣れた記事でも書きましたが

デッドスローでフラッシュブートキラキラさせながら引いてくるのが良いですね!

ゆっくりゆ~っくり巻きます。

泳いでるか泳いでないかわからんくらいのスピード。

巻いてるというより流してる?そんくらいのスピード感。

このスピードで巻けば波動を下げることができる。

これは通常のサイレントアサシンではできなくてフラッシュブースト特有の釣り方だと思っています。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥2,640
(2021/12/07 02:34:37時点 Amazon調べ-詳細)

とか言って普通に巻いても使うんですけどねw

これは熱砂カラーを作ってほしいな~。

 

あ、

全然話変わるけどサイレントアサシンの略って『サイアサ』派の人と『アサシン』派の人がいるみたいだけど皆はどっち?

僕はアサシン派~(´∇`)

ハルカ145S

そして最後はスミスのハルカ。

僕の大好きなミノーです。

大好きなんですがここ最近は新作ルアー達がじゃぶじゃぶ発売されてそれに目がくらんで全然使ってなかった。

で、そんな新製品をいろいろ試してみた結果

これでもねぇーあれでもねぇー!ってなった。

で、ハルカを久しぶりに投げたら一投目で

これこれ!これだよ僕の求めてたのはぁ!

となったw

なんでこんなことになったのか?

 

僕がオッサンだからですよ!

 

最近発売されるルアーはよく泳ぐように作られている。

この『よく泳ぐ』というのが時に『釣れない』を招いてしまうんですよね。

あんまり泳いでないように見えて実は震えてる。くらいが丁度ええ。それがハルカ。

created by Rinker
スミス(SMITH LTD)
¥2,420
(2021/12/07 02:49:14時点 Amazon調べ-詳細)

スペックは全長145mm、重さ21.5g、シンキング、レンジ10~60cm、フック#6。

水深30cmくらいを突っ切ってくるのが良い。

僕の住んでるところの近場のサーフって水深1m有るか無いかくらいのところばっかりなんですよ。

そんな浅いサーフで使いやすい。

番外編 

created by Rinker
DUO(デュオ)
¥1,840
(2021/12/07 02:51:09時点 Amazon調べ-詳細)

まだ魚掛けてないのでブログにもTwitterにも書いてないのですが…

デュオのタイドミノースプラット120SFも結構投げてます!

ジャークしたときのダート幅がヤバイっスね!

めっちゃ横に飛ぶ!

これはね~シーバスよりサワラ・サゴシに良いんじゃないかな~と目を付けてます。

また釣れたら詳しくインプレなんかを書いていこうと思います。

最後に 

こんな感じで最近使ってるミノーでした!

ってか今後もずっと使っていくと思います。

K2とハルカは改めてその性能の高さを実感したし、フラッシュブーストは新たな発見て感じです。

あとは新潟のサーフが回復してくれるのを待つのみです!

ぺんぎん
ぺんぎん
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!よかったら使ってみてネ!

 

Twitter→(@285Nf8mRTeVXEhp)
よかったら絡んでやってください。

 

【釣行記】ボラカラーってヒラメ釣れるの?ってかこのルアーめっちゃ良いぞ!ちょっとちょっと見てくださいよこのルアー! シマノのサイレントアサシン129FフラッシュブーストのFボラっていうカラー! ▼...
14cmミノーをサーフの端から端まで投げる!『超』オフェンスの釣り!『サーフのどこに魚が居るのか?』 これはですね~、永遠のテーマですよね~。 教科書通りに考えると地形変化、潮が動く場所。 ...
【釣行記】涙のネッサCI4+引退式!XR発売に向かって。シマノからネッサXR発売が発表されました。 発売日は2021年8月予定。 このXRは今あるネッサCI4+の後継機種になります...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。