買ってみた

20ルビアスLTを実際に買ってみた感想。

早速買ってみました。

20ルビアスLT

アジングとエリアトラウト用にFC2000Sを選びました。

 

「LTコンセプトの到達点」

「モノコック×ザイオン」

などいろいろと話題になっています。

ちなみに僕の買ったFC2000Sは2000番ではダイワ最軽量リールとなっております。

実際どうなの?

個人的な感想をご紹介します。

※FCとは「フィネスカスタム」の略です。

 

▼実際に使ってみたインプレはこちら!

【インプレ】20ルビアスFC LTを実際に使ってみた感想。20ルビアスFC LT-2000Sを使ってエリアトラウトに行ってきました。 魚も20匹以上釣れたので 20ルビアスLTの性能...

 

軽さについて 

僕の買ったFC2000Sの自重は150g

あのイグジストより軽い、ダイワ最軽量となっております。

実際に持ってみてもメチャクチャ軽いです。

この軽さなら1日釣りをしても疲れにくいでしょう。

軽量リールを探している人には文句なしの軽さだと思います。

 

回転性能について 

回転は滑らかですが、巻きの軽さはそこまで軽くないですね。

新品状態で巻きの軽さを比較して僕の感想は

カルディアLTより少し軽い

バリスティックFWよりも重いと感じた

イグジスト、セルテートには全然敵わない

こんな感じです。

回転の初動も同じです。

価格相応ですね。上手に作ってるな~。

 

ノイズは「さらさら・・・」という感じがあります。

気になる人は気になるかもしれませんし、個体差もあると思います。

※回転性能の感じ方は人によって違う場合があります。今回の感想はあくまで僕が感じた感想を率直に書いております。

 

モノコック×ザイオンについて 

20ルビアスLTはダイワ初のモノコック×ザイオン搭載のリール。

だからどうした。

 

デザインについて

過去のルビアスシリーズのような全身シルバーから一新!ボディとローターは黒っぽい色合いになりました。

僕は好きですね。カッコイイと思います!

少し前のス○ラにそっくりなスプールデザインですが・・・。

 

その他の性能

タフデジギア、ATD、マグシールド、ロングキャストABSスプールなど、欲しいテクノロジーは全て入っていますね。

 

20ルビアスLTの感想

ブラックバスやエギングなどにはすごく良いんじゃないかな。と思います。

あとは最近流行のSLJ(スーパーライトショアジギング)!

7gとか10gとか使うショアジギング。

とにかく軽いリールですので、アクションをつける釣りには絶対に良い。

今回僕はアジングとエリアトラウト用にFC2000Sを買いましたが、軽いワームやスプーンを一定のスピードでゆっくり巻く釣りにはどうかなー・・・。少し回転が重い気が・・・。

使ったら僕なりのインプレも書きますので、よろしかったら読んでみてください。

 

ラインを巻いてみた 

0.3号のエステルを巻きました。

バリバスのアジングマスターレッドアイ0.3号

こんな感じです。

どうですか?

カッコよくないですか?

カッコイイというより

大人なデザイン

という感じですかね。

コルクグリップの渓流竿とかに装着したら最高にオシャレになりそう。

最後に

価格帯的には中価格帯リールです。

この価格で買えるなら十分な性能を持っていると思います。

この価格でこの軽さ。

さまざまな釣りで武器になるリールだと思います。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥27,490
(2020/10/21 12:13:35時点 Amazon調べ-詳細)

Twitter始めました→(@285Nf8mRTeVXEhp)
よかったら絡んでやってください。

本当に買ってよかった釣り道具ベスト10!【2019年 決定版!】本当に買って良かった釣り道具ベスト10! 2019年も残り1ヶ月を切りました。 今年も新製品が多く発売されましたね! ...
2020年読みたい釣り漫画「放課後ていぼう日誌」はもう読んだ?その魅力をご紹介。釣りを趣味にしている人も、1度も釣りをしたことがない人にもオススメできる釣り漫画があります。 それが 放課後ていぼう日誌 ...
冬の釣り「エリアトラウト」のスタートガイド!釣り方やタックル、手順をご紹介。冬でも魚釣りがしたい。 もちろん行くからには釣りたい。 冬に魚釣りをするなら エリアトラウトがオススメです。 ...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。