【インプレ】ルアー

【インプレ】スピンビームを4年以上使った感想!使い方もご紹介。

シマノ

スピンビーム32g!

僕が長年愛用しているサーフ用メタルジグです。メタルジグでヒラメを釣るのが苦手な僕でもスピンビームは釣れるんです。

スピンビームは何が良いのか?実際にどう使えばいいのか?4年以上使い続けている僕がご紹介します!

ぺんぎん
ぺんぎん
ヒラメ以外にも青物やシーバスもよく釣れるメタルジグです!

スピンビームは飛ぶ!

スピンビーム以外にもいろんなメタルジグを使ってきましが、その中でもスピンビームは最高クラスの飛距離です。

▼こちらをご覧ください

スピンビームは後方重心。後ろに重さが乗っています。誰でも簡単に飛距離が出せて、キャストミスも少ない。快適に飛ばせるメタルジグです。

ぺんぎん
ぺんぎん
毎キャスト安定して飛びます!キャストが苦手な人でもご安心ください!

波の中でもバランスを崩しにくい

サーフ用のジグって波が高いとバランスを崩すものも結構あるんですが、スピンビームはバランスを崩しにくい。

波は0.2m~3mくらいまで安定して使えます。

潮が横に流れている状況ではドリフトなどもしっかりできます。

使いやすいから釣れる!

・安定して飛ぶ

・波の中でもバランスを崩しにくい

・コントロールしやすい

・凪~荒天でも使える

サーフでサゴシやイナダが回遊したときもスピンビームで攻略できます。

ぺんぎん
ぺんぎん
なんでも釣れますね~。

使い方

使い方は2つ推奨します。

・タダ巻き

・ストップ&ゴー

僕はタダ巻きで使うことが多いです。

タダ巻きで巻いて、レンジが上がってきたらストップするのではなく、巻きを遅くしてフォールさせます。常に巻きながらレンジをコントロールします。こうすることによって釣りのテンポが速くなり効率よく釣ることができます。巻きスピードに緩急をつけると良いです。

 

リフト&フォールでは使えない?

使えないことはないですが、フックとラインが絡みます。リフト&フォールはおすすめしません。巻きながらジャークを入れるのはOKです。

ぺんぎん
ぺんぎん
ひたすら投げて、着底させて、ひたすら巻く。これが1番!

おすすめのカラーは? 

シルバー系とゴールド系の2色用意しましょう。

シルバー:晴れの日、日中、水が澄んでいる

 

ゴールド:曇りの日、マズメ、水が濁っている

 

2020年には新色として狂鱗カラーも発売されました。これもおすすめですね

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥1,232
(2020/10/21 04:02:40時点 Amazon調べ-詳細)

ぺんぎん
ぺんぎん
僕はピンクシルバー系とゴールド系が好きです!

【豆知識】実は上下逆さに泳ぐ! 

実はスピンビームは上下逆さに泳ぎます。

これによりフックが上になるので根掛かりが少ないという意見も多いです。僕が長く使ってきてわかったことは、タダ巻きだと根掛かりは少ないですが「ストップ→フォール→ボトム着底」で根掛かりします。根掛かりしにくいジグとはいえ岩礁の多いサーフには向きません。

スピンビームの欠点は? 

僕はインプレを書くときは必ず欠点も書くようにしてるんですが…。スピンビームは欠点無いですねw

少しお値段がお高いくらい?

僕はこの性能なら高いと思いませんが…。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥1,232
(2020/10/21 04:02:40時点 Amazon調べ-詳細)

最後に 

本当に使いやすいジグです。

サーフ専用メタルジグ最初期のアイテムですが、僕の中では今でも1番使いやすい。

良いメタルジグですよ!

おわり

ぺんぎん
ぺんぎん
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

Twitter始めました→(@285Nf8mRTeVXEhp)
よかったら絡んでやってください。

 

シマノの熱砂シリーズだけで釣りに行ったら釣れるの?実際に試してみた!【インプレ・実釣編】シマノの 熱砂シリーズって本当に釣れるの? 急に気になった僕は シマノの熱砂シリーズだけ持ってサーフに行ってきました。...
サーフゲーム始めるならネッサCI4+!選び方をご紹介。今年からサーフゲームを始めるアングラーの方に シマノ ネッサCI4+の選び方 をご紹介します。 なぜネッサCI4+がおすす...
【ヒラメ攻略】3種ある熱砂スピンドリフトの僕なりの使い分け、使い方を解説!シマノ 熱砂 スピンドリフト 僕の中ではヒラメや青物など、サーフを攻略する上で無くてはならないルアーのひとつです。 そ...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。