用品・ギア

【イラストで解説】シーバスは竿先が柔らかい方が釣れる理由。

シーバスは竿先が

柔らかい方が釣れる!

って知ってますか?

これ、プロアングラーの方も言っていますよね

僕自身もシーバス狙いの時は竿先が柔らかい竿を使って釣ってます

では一体なぜ竿先が柔らかい方がシーバスは釣れるのか?

・柔らかい竿と硬い竿の違い

・ルアーとの関係性

・実際に僕が使っている竿

イラストを使ってわかりやすく解説します!

ぺんぎん
ぺんぎん
竿先が柔らかい竿を選べばシーバスはもっと釣れる!

シーバス狙いで重要なこと

1.ルアーをしっかり泳がす

2.ゆっくり巻く

3.レンジキープさせる

4.食わせのアクションを作る

つまりルアーをコントロールすることが重要です!

 

特にシーバスはレンジが重要で表層、中層、ボトムと魚が居るレンジにルアーを通さなくてはいけません。このレンジが数十cm外れるだけで食ってこない

「表層」と言っても水面から20cmなのか?60cmなのか?これだけで食いが全然違います!

そして竿先が柔らかい竿を使うことによってルアーをより正確にコントロールできるようになります!

ぺんぎん
ぺんぎん
シーバスを釣るには自分でルアーをコントロールしなくてはならないのだよ!

シーバスは竿先が柔らかい方が釣れる理由!

まずルアーを引くと竿とルアーに力が加わります

▼こちらをご覧ください

ルアーを巻くと竿先がグッと重くなりますよね

このとき竿先は曲がり、元の真っ直ぐの状態に戻るために「戻ろうとする力」が発生しますします

 

次に水中のルアーの様子です

▼こちらをご覧ください

※黒い矢印は水の流れのイメージ

タダ巻きでルアーを引いてきた場合、波や流れがあるとルアーは煽られてどんどん上に上がろうとします

このとき、竿先が硬いと「竿の力」でさらに上へ上へ引っ張ろうとします

 

これが

竿先が柔らかいと「力を吸収」します

柔らかい竿は竿先が柔軟なので力を吸収。ルアー本来のアクションを助けます。これによりレンジキープできます

 

比較するとこんな感じです!

硬い竿を使っているとレンジ60~80cmのルアーであっても、波と流れと竿の力でルアーが浮き上がっていて「実はもっと表層を引いていた!」という事があります

竿の力が強すぎてルアーを引っ張っちゃうわけです

 

シーバスは水面から50cm~1m前後の「表層の少し下」が美味しいレンジとされています

実際僕もこのくらいのレンジがよく釣れます

波が高いサーフなどでは柔らかい竿じゃないとこのレンジをうまくキープできません

特に僕はフローティングミノーを多用します

フローティングミノーを使った場合、巻けば潜ってレンジキープします。そして波と竿の力で浮き上がろうとします

「巻いてレンジキープ→浮き上がろうとする→さらに早く巻いて潜らせようとする」

こんな感じで硬い竿を使うとついつい早巻きになってしまいます

シンペンやバイブレーション等も硬い竿で巻き続けると早く浮いてしまいます。ゆっくり巻くと綺麗に泳ぎません

柔らかい竿を使ってレンジキープさせながらしっかり泳がすことが重要となります

 

まとめ

・竿先が柔らかいと竿が力を吸収してルアーが操作しやすい。フローティングミノーはよりゆっくり巻いてレンジキープできる。シンキングルアーはタダ巻きで浮き上がりにくい

・硬い竿を使うとルアーが浮いてきてしまう。フローティングミノーを使うとついつい早巻きになってしまう。シンキングルアーを使うと浮いてしまうので、レンジを安定させるためによりゆっくり巻く、ゆっくり過ぎて綺麗に泳がない

【注意】柔らかければ良いってもんじゃない!

ここまで読んで「なるほど!竿先が柔らかければ良いのね!」っていうとそうではありません。柔らかいだけだとパワーが無くなり、魚が掛かってから大変になります

あくまでも「竿先が柔らかく、シャープで、パワーのあるロッド」というのが条件になります!

ぺんぎん
ぺんぎん
柔らかければ良いってわけではありません!

竿先が柔らかい竿ってどれ?

ロッドパワー

柔らかい【L→ML→M→MH→H】硬い

竿全体がライトになれば竿先が細くなり、柔らかくなります

 

高級ロッド

高い竿はなぜ高いのか?

こういうときに価格差が出ます!

高級ロッドはしっかりパワーがあるのに竿先が柔軟でシャープなものが多いです

 

国産ブランクス

日本で製造している「国産ブランクス」の竿は中弾性ロッドが多く、竿先も柔らかいことが多い。メーカーはヤマガブランクス、リップルフィッシャー、天龍など

 

僕が使っているタックル

僕はサーフシーバスで天龍のパワーマスターサンドウォーカーPMS1032S-MLMを使っています

サーフでヒラメを狙うときはシマノのネッサCI4+を使いますが、シーバスを狙うなら天龍の竿の方がルアーをコントロールしやすいし、よく釣れます

特にフローティングミノーの操作性は圧巻です

竿先が柔らかい竿の欠点

・理想を求めると高級になる

・感度が微妙

安くて竿先が柔らかくてパワーもある!

そんな理想の竿はありません!!

「竿はしっかりとパワーがあり竿先が柔らかい」←これが理想になります。安くても4万円以上くらいになってしまいます

ダイワ社のMLクラスのロッドは低~中価格帯でも比較的パワーがあり竿先が柔らかいです。4万円も出せないよ!という人には個人的にダイワの「ラテオのML」がおすすめ!

 

そして

柔らかい竿は感度が悪いです

バイトがぼやけます。これにより「あ、あれ?いま当たった?」「あれ?喰ったかな?」みたいな感度が曖昧になってしまいます

最後に

これは実際に体感してもらう方が早いと思ます

僕も昔そうでした

硬い竿を使っていて、柔らかい竿を買った

最初は柔らかい竿の魅力がわからなくて使い続けてるうちに「あれ、なんかこの竿釣れるなぁ」となりました

柔らかい竿先なら力を吸収してより正確にルアーをコントロールすることができます

今よりさらに釣果アップしたい!ルアーをコントロールしたい!という人は試してみてください!

ぺんぎん
ぺんぎん
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
created by Rinker
Daiwa(ダイワ)
¥21,714
(2021/10/18 14:47:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

Twitter→(@285Nf8mRTeVXEhp)
よかったら絡んでやってください。

 

最近サーフシーバスを釣っている5種類のルアーのローテーションとカラーについて詳しく解説!秋冬のカタクチイワシ接岸 最近は荒れた日の休みが多く、もっぱらシーバスをメインで狙っています 僕はいろんなルアーで釣るのが趣...
僕がメインで使っているサーフタックル一覧。【2020年11月現在】みなさんこんにちは 世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギンです 今回は 僕がメインで使っているサーフタックル ...
【釣行記】エヴォルーツじゃなきゃ釣れねぇ!本日は用事があり希望休。 僕の大っ嫌いな大潮だけど季節、天気、気温、波、風予報が最強 用事終わらせて早く釣り行きてぇ・・・ ...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。