【インプレ】ルアー

【インプレ】ハードコア ヘビーショットがヒラメやシーバスには必須だとわかった件。

今回のインプレは

デュエル

「ハードコア ヘビーショット」

僕はサーフで105mmを使っています。

もう何回も使っていますが、最初は正直あまり好きではありませんでした。

普通に使うなら他のヘビーシンペンの方が良くない?って。ぶっ飛び君とか!

 

しかし使い込めば使い込むほど良さがわかるようになり、

「ヘビーショットの使いどころ」

が見えてきました。

 

今回はそんなハードコア ヘビーショットをご案内させていただきます。




ヘビーショットの特長

口に付いた「極小リップ」

これが最大の特徴です。

リップが付くことによって極度な浮き上がりを押さえ、早巻きでも水面を飛び出さずに引くことができます。

 

 

使用感・感想

・飛距離

う~ん・・・。個人的には微妙です。

他にもっともっと飛ぶヘビーシンペンいっぱいあるからな~。

僕の中では近距離用って扱いになっています。

ちなみに、この「飛距離」が最初の頃に好きになれなかった主な原因になります。

                                     

・極小リップの効果

これです。超大事です。

先ほどもご紹介したように、極小リップの効果で極度な浮き上がりを押さえ、早巻きすることができます。

これにより他のヘビーシンペンより釣りのテンポが早い!

ミノーのようなサーチベイトとして使用できます。

釣れる時合いは長くありません。

そんな時合いを通常のシンペンより早く、広くサーチすることができます。 

                                  ・

ローリングフォール

巻きをストップすると

「パタパタ」とフォールします。

これがローリングフォール。

ヘビーショットのローリングフォールは

綺麗です。

魚はルアーをストップして落ちているときに喰う事が多いですね。

なので、ローリングフォールが綺麗なことは大事なことです。

止めて喰わす!

                                    ・

安い

値段が安いです。

優秀なヘビーシンペンのほとんどが2000円弱なのでこの値段で買えるのは非常に嬉しい

岩礁帯のあるサーフで使うと根掛かりもあるので助かります。

さすがデュエル!

まとめ

極小リップの効果で早巻きでき、サーチベイトとして優秀。

そしてローリングフォールで止めて喰わす。

これがヘビーショットを最近気に入って使っている理由です。

「ならヒラメ用のメタルジグ使えば良いしゃん。飛ぶし。」

って思う人もいると思いますが、プラスチック特有のナチュラルアクションはやっぱり魚の喰いが違います。

それにメタルジグはフォールが早い。プラグは遅い。

単純に喰わせの「間」が遅い方が長時間になるため、フォール中のバイトチャンスもジグとは全然違います。

これからも僕の中ではサーチベイトとしてガンガン使っていきます。

ビーチウォーカーウェッジ95Sを買ったのでぶっ飛び君と比較してみる。さっそく買ってきました。 デュオ 「ビーチウォーカーウェッジ95S」 大人気ビーチウォーカーウェッジ120Sのダウンサ...
サーフゲーム始めるならネッサCI4+!選び方をご紹介。今年からサーフゲームを始めるアングラーの方に シマノ ネッサCI4+の選び方 をご紹介します。 なぜネッサCI4+がおすす...
これさえあればヒラメは釣れる!10年後も使えるヒラメルアー10選!10年後も使えるヒラメルアー10選! ルアーフィッシングの人気ターゲット 「ヒラメ」 フラットフィッシュゲームの人気と...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。