魚の釣り方

【ヒラメ・シーバス・青物】ルアーカラーで重要な「ホログラム」の効果や使い分けをご紹介。

ルアーはカラーも大事ですが

ホログラム

はルアーを買う上でも、使う上でもとても重要な釣れる要素です。

 

とはいえ世の中にホログラムの種類は10種類以上。

 

ぺんぎん
ぺんぎん
どれを使えば良いかわからん!

 

という人の為に

個人的な意見でホログラムの効果や使い分けをご紹介します。

 

ぺんぎん
ぺんぎん
ホログラムの効果を理解すれば釣果倍増!

 

ホログラムの種類と効果について

まず、こちらが効果と使い分けの早見表です

そしてこちらはあくまでも

僕個人の考えです。

僕の釣り歴20年以上の個人的な考えと、フィッシングショーや展示会等でプロやメーカーの人から聞いた話をまとめたものです。

 

ルアーのカラーやホログラムに対する考えは人それぞれ。

「プレーンホロはハイアピールだ!」

という人もいれば

「プレーンホロはナチュラルだ!」

という人もいます。

 

あくまでもひとつの考えとして参考にして頂けたら幸いです。

ぺんぎん
ぺんぎん
ブラックコーヒーは苦い?僕は苦いとは思わない。水のように飲んでしまう。感覚は人それぞれ!

各ホログラムの効果と使い分け

ひとつひとつ詳しくご紹介します。

パールとマットはホログラムとは言いませんが一緒にご紹介します。

 

縦ホロ

最もポピュラーなホログラム。縦ホロ。

縦に線が入ってストライプのようになっているホログラムです。

この縦ホロは魚の鱗に似たフラッシング効果と言われています。

アピール力はかなり強めです。

昼夜関係なく使用できます。

僕も大好きでもっとも使用するホログラムのひとつです。

 

レンズホロ

丸い玉が奥行きのある3Dのように見えるホログラム。

ダイワ社は「3Dホロ」と呼称しています。

レンズホロの特長は丸い玉が水中でくっきりと浮き出ること。

この「丸」がハイアピールだとも、魚のウロコに似てるとも言われています。

日中に有効なホログラムでハイアピールです。

ボラはウロコが丸いのでボラカラーに多いですね。

 

プレーンホロ

つるん。としたホログラム。

昔はハイアピールと言われていましたが、現代ではナチュラルアピールとされています。

僕は、全てにおいて真ん中の性能だと考えています。

アピール力普通。

昼夜関係無く使える。

みたいな。

個人的には日中のサーフではハイアピールで攻めたいので縦ホロやレンズを多様し、リバーシーバスのナイトゲームでプレーンホロをよく使います。

 

レーザーホロ 

ダイワ社がラインナップしているプレーンホロの強い版です。

そのまんま。

プレーンホロを強くした感じです。

僕はナイトゲームで強くしたいときはレーザーホロ、ナチュラルにしたいときはプレーンホロという使い分けで使っています。

 

ウェーブホロ(マグマホロ)

ウネウネ~。としたホログラム。

ウェーブとマグマはメーカーによって呼び方が違うようです。

ウェーブホロの特長はナチュラル。

スレた状況やランカーサイズなどに強いホログラムです。

僕自身も数釣っているわけではないですが、ヒラメとシーバスの自己記録は両方ともウェーブホロです。

シーバスのメーターオーバーも多数聞いたことがあります。

まさにランカーキラー。

昼夜関係無く使えます。

 

 クラッシュホロ

ガラスが割れたようにクラッシュしているホロ。

・・・

あんまり使いません。

よくわかりません。

ごめんなさい。

正直に言います。

上の早見表の位置もクラッシュホロに関しては適当に書きました。爆

 

 ミラーボールホロ

デュオ社がビーチウォーカーシリーズでラインナップしているホログラム。

レンズに似ていますが効果が違います。

レンズは水中でくっきりと丸く浮き出ることに対して

ミラーボールホロは水中でキラキラと丸く浮き出ます。

キラキラ系のアピールはヒラメに有効です。

個人的にはマズメに1番効果を発揮しそうだなー。と考えてます。

 

メッキ

日中最強カラーと言われているメッキ。

水が澄んでいる日中ではアピール力最強になります。

その為、磯マルや磯ヒラなどに人気のカラーです。

僕は今まであまり使って来ませんでしたが、今後は多様しようと思っているホログラムです。

ただ、光量の少ない時間帯(マズメ前や夜)は効果が薄いので注意が必要。

そしてもうひとつ注意点。

最近流行りのロンジン社のスーパーUVメッキは別物です!

スーパーUVメッキはリバーシーバスのナイトゲームでスローリトリーブで使用すると効果があるカラーのようです。

 

パール 

パールは膨張します。

光量の少ない時間帯や濁りの中で「ボヤッ」とボヤけてアピールします。

僕はリバーシーバスのナイトゲームで真っ先に投げます。

濁っている日やマズメの薄暗い時間帯はヒラメにも効果アリ。

サゴシのミノーゲームでも人気なカラーです。

 

マット

効果や特長はパールと同じですが

マットの方が強い

コレも僕はリバーシーバスのナイトゲームで使っています。

よく釣れますが、強すぎるのでスレる。

雨の後のド茶濁り。どうしても1匹出したい!っていう日に使います。

とりあえず釣れるけど、本当にバイトが続かない・・・。

最近ヒラメでも人気になってきていますが、僕は信用してませんよ!w

 

 その他のホログラム

・狂鱗

シマノ社が新しく開発したホログラム。

メッキにウロコ模様と言った感じ。

まだ使ってないのでなんとも・・・。

日中に強そうなカラーですね。

 

・カガヤキ

こちらもシマノ社のホログラム。

砂の様な細かい粒のホログラム。

ナチュラル系?

使わないのでよくわかりません。

 

・クリアー

最も謎に満ちあふれている。

それがクリアー。

僕は全く使いません。

メーカーの人やプロテスターなど色々な人に「クリアーってどう使えば良いんですか?」って聞きましたが・・・

全員意見がバッラバラ!w

夜が良い、常夜灯周りが良い、月明かりがあった方が良い、真っ暗が良い、日中も良いなど・・・。

本当に良くわからん。

個人的なメイン使用ホログラム

縦ホロ→サーフのメイン

レンズホロ→サーフのメイン

ウェーブホロ→ランカーが狙える絶好日に

プレーンホロ→リバーシーバスでナチュラルに光らせたいとき

レーザーホロ→リバーシーバスで強めに光らせたいとき

パール→リバーシーバスのナイトゲームのメイン

マット→リバーシーバス大雨後のド茶濁りに

 

という感じです。

ホログラム+「色」で使い分ける

例えば縦ホロ。

同じ縦ホロでも

 

ワシの縦ホロは日中のメイン

アカキンの縦ホロはマズメのメイン

 

このようにホログラムに「色」も加味して使い分けましょう。

この詳しい使い分けはまた後日・・・。

最後に

個人的にはホログラムは本当に大事。

ルアーを買うとき、使うときの重要な要素です。

 

今回の内容は僕の個人的な考えです。

もし、皆さんの今後の釣りのヒント程度になれば幸いです。

 

今回はホログラムの特長と使い分け。でした!

ぺんぎん
ぺんぎん
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
【ヒラメ・シーバス・青物】サーフゲームで個人的に好きなルアーカラーベスト10!を勝手に語る。今回は サーフゲームで個人的に好きなカラーベスト10! を勝手にご紹介します。 過去の実績、思い入れ、信頼度、...
本当に買ってよかった釣り道具ベスト10!感想&インプレ付き。【2019年春夏編】本当に買ってよかった釣り道具ベスト10! 2019年春夏編! 僕が今年買った釣り道具で 「買ってよかった!」 ...
初めてのヒラメを「簡単に釣る」釣り方をイラストを使ってわかりやすく紹介!これからヒラメ釣りを始めようとしてる人。 始めたけどまだ1匹もヒラメを釣ったことがない人。 ご安心ください。 ...
これさえあればヒラメは釣れる!10年後も使えるヒラメルアー10選!10年後も使えるヒラメルアー10選! ルアーフィッシングの人気ターゲット 「ヒラメ」 フラットフィッシュゲームの人気と...
サーフゲーム始めるならネッサCI4+!選び方をご紹介。今年からサーフゲームを始めるアングラーの方に シマノ ネッサCI4+の選び方 をご紹介します。 なぜネッサCI4+がおすす...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。