【インプレ】ルアー

【インプレ】ビーチウォーカーリボルトの使い方・特長。隠れた名作をインプレ!

今回のインプレは

デュオ

「ビーチウォーカーリボルト」

80mm 34g シンキング

 

発売は2018年。大人気のビーチウォーカーシリーズのフラットフィッシュ用ブレード系ルアー。

めっちゃくちゃ怪しいルアーww

 

使用前のパッと見の僕の印象は2つ。

1.重いのに飛ばなそう!w

2.重いから底擦りそう!w

 

実はこのルアー、発売してすぐ購入。今でも気に入って使っています。

何が良いのか?使用感や特長、使い方をご紹介します。

 

ちなみに、欠点も多いので最後までお読みくださいw

しっかり書きます。

リボルトの特長

リボルトの特長はファットなボディと大きなブレード。

ブレードはコロラドタイプ。グニャ~って曲がっています

このブレードの曲がりが水とよく絡み、レスポンス良くアクションします。

 

他のブレード系ルアーと比べてみました

ボディも大きいし、ブレードも大きいですね

いかにもハイアピールという感じ。

実際アピール力は高いです。

 使用感・感想

飛距離 

飛びません!w

34gもあるのに・・・。やっぱり飛びませんよ

想像通り。

フラットフィッシュ用ルアーの中でも飛距離は正直「足りない」と思います

近距離専用。

飛距離を求めてる人にはオススメしません。

 

アクション 

ブレードがすごくキレイに回転します。

ものすごく滑らか。

レスポンスが良く、デッドスローでもしっかり回転します

ボディ本体はほとんど動きません

 

レンジ・浮き上がり 

34gという重さのシンキングですから。かなり深いサーフでも使えると思います。

僕が実際いつも使っているサーフは水深1メートルから3メートルの遠浅。

ファットなボディとブレードが水を受け、フワッと浮き上がります。

ラインアイも浮き上がりやすいように上に付いていますね

1メートルクラスの遠浅サーフでもスロー~ミディアムリトリーブで使えます。

これが素晴らしい。

普通のブレード系ルアーはボディが鉛のものが多く沈みやすいので、シャローでは使いにくい。

遠浅サーフでオススメです

 

巻きのフィーリング

重いルアーですが、巻きの重さは比較的軽いです

ボディ自体がほとんど動かないので「スーッ」という巻き感。

 

使い方 

基本はただ巻きorストップ&ゴー

底を擦らないようにゆっくり巻きましょう

ゆっくり巻いてもブレードはしっかり回転します。

 

テーリングは少なく、ただ巻き使用ではほぼゼロ。

しかし、フォール中やキャスト後の底取りでテーリングすることがあります。

欠点について

ディスッていきますw

 

ブレードの替えが売ってない 

特殊な形のブレード。

ブレードは1回、2回の使用では錆びませんが長く使っていると劣化します。

で、ブレードの替えが売ってないんですよ・・・

高性能なブレードゆえにもったいない

 

お高い

ブレード系ルアーの中では定価がすごく高い。

ブレードが劣化しやすく、ブレード系ルアーは消耗品。

単純にこの値段はキツイ。

ネットで安くなってることがあるので、そのときが狙い目です

 

飛ばない 

使用感でも書きましたが、飛びません。

いくらフラットフィッシュが波打ち際で釣れるとはいえ、やっぱりルアーは飛ぶ方が良いですよね。

 

最後に

悪い点も書きましたが僕は好きですし、主力ルアーのひとつです。

とにかくシャローをゆっくり引けるのがすごく良い

ブレード回転のレスポンスも良いし。

僕ははほとんど遠浅サーフでの釣りなので、ブレード系の中ではリボルトが巻きやすいんですよ

サーフアングラー全員にオススメするわけではありませんが、気になった人はお試しください。

 

サーフゲーム始めるならネッサCI4+!選び方をご紹介。今年からサーフゲームを始めるアングラーの方に シマノ ネッサCI4+の選び方 をご紹介します。 なぜネッサCI4+がおすす...
これさえあればヒラメは釣れる!10年後も使えるヒラメルアー10選!10年後も使えるヒラメルアー10選! ルアーフィッシングの人気ターゲット 「ヒラメ」 フラットフィッシュゲームの人気と...
【インプレ】ジグパラサーフの使用感・感想・特長・使い方まとめ。今回のインプレは メジャークラフト 「ジグパラサーフ」 超人気メタルジグ「ジグパラ」のメジャークラフトが「マゴ...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。