魚の釣り方

【サーフヒラメ・シーバス・青物】釣れない人ほどデイ(日中)ゲームがオススメな理由。

「ルアー釣り始めたけど全然釣れない~!もう辞めよっかな。」

そんなことを考えてるそこのあなた!

実は私もそうでした。シーバスフィッシングをサーフで始めて約2年間ボウズ。笑

月に約5~8回を2年間くらい続けてボウズですよ!?

もう辞めよっかな・・・。

 

そんな私を釣れる釣り人に育ててくれたのが

「デイゲーム(日中の釣り)」

 

雑誌やネットで調べると

釣るのはマズメ、シーバスはナイトゲームなどとよく書いてありますね。

もちろんそれは正解です。

マズメや夜は魚も活性が高く、すごく釣れる。

 

しかし私は魚が釣れないなら日中釣りに行け!と強く思います。

 

私の釣果は今でも午前9時~午後3時の日中が多いです。

その理由を詳しく説明します。

 

自分の目で見て確認できる

当然ですが日中は明るく、サーフの地形、波などを自分の目で見ることができます。

これが超重要!

広いサーフ、魚はどこにでも居るわけはありません。

基本的にはサラシ(白い泡)、流れのヨレ、一段深い所など必ず地形の変化に着きます。

これを目で確認し、そこにルアーを通すことが重要。

釣りを始めてナイトゲームが釣れない理由も自分の目で見れない、わかってないから魚の居る場所に投げてないといことが多いです

 

釣り人が少ない

他の時間と違い、日中は釣り人も少なく好きなところを狙えます。

これも重要です!

何回も言いますが、魚はどこにでも居るわけではありません。

良いポイントに釣り人が入っていない日中だからこそ釣れます。狙えます。

特にマズメなどは釣り人が多く、狙ったポイントに入れないことが多いです。

大体皆さん朝9時前くらいに帰りますから。その後がチャンス!

 

朝はゆっくり寝れる

朝はゆっくり寝れます。笑

いや、これも重要ですよ。

集中力が違いますから。

朝10時に起きて

それから出発でも十分です。

 

注意すること

日中は魚が居ないときはとことん居ません。

特にべた凪の無風!

少し波のある(1m前後)風の吹いている日に釣りましょう。

潮の干満も要チェック!

干潮からの上げ潮がオススメ!

(干潮の時間に釣り場に入り、満潮までの時間を釣ればOK)

日中は時間も十分にあります。

時には手を止めて海や地形を観察することが大事です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

デイゲーム(日中の釣り)、釣れる気がしませんか?

最後に簡単にまとめると

人の少ない日中に釣れるポイントに入り、

自分の目で状況を見ながら釣る!

ということです。

この情報がまだサーフで魚を釣った事の無い人のお役に立てればと思います。

今回は釣れない人ほどデイゲームがオススメな理由でした。

【超簡単】図解でわかる!ヒラメとマゴチの狙い方の違い。「マゴチしか釣った事がない!ヒラメ釣れない!」 「ヒラメは釣れるんだけど、マゴチ釣れないな~・・・」 サーフゲームを初めてす...
これさえあればヒラメは釣れる!10年後も使えるヒラメルアー10選!10年後も使えるヒラメルアー10選! ルアーフィッシングの人気ターゲット 「ヒラメ」 フラットフィッシュゲームの人気と...
サーフゲーム始めるならネッサCI4+!選び方をご紹介。今年からサーフゲームを始めるアングラーの方に シマノ ネッサCI4+の選び方 をご紹介します。 なぜネッサCI4+がおすす...
ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。