買ってみた

Sグラビティーヘッドなら波打ち際まで引ける!ジーク期待の新作ワームを買ってみた。

ジークの2019新製品ジグヘッドワーム

「S(サーフ)グラビティーヘッド」

とりあえず買いましたので開封&他のジグヘッドワームと比較してみます

正直かなり怪しいですねw見た目がww

新潟フィッシングショーでジークの近藤さんに直接聞いてきましたが、こだわりが詰まった一品です

【インプレ】Sグラビティーヘッドの使用感。遠浅サーフでどんな感じ?ジーク 「Sグラビティーヘッド」 今年僕が色んな意味で気になっていたアイテムw 怪しすぎるでしょ・・・ ...
【Zeake】サーフグラビティシリーズを知ってる限り詳しく解説。2019年、Zeakeからサーフゲーム用ルアー サーフグラビティシリーズが発売されます。 サーフゲームに精通している Zeakeの...

Sグラビティーヘッドの特長

最大の特長はアオリイカ釣りのエギのようなジグヘッド

ヘッド部に浮力を持たせ同じグラムでも他のジグヘッドに比べシャローを水平姿勢でキッチリ引くことができる

 

開発者の近藤さん曰く

「やっぱりヒラメって波打ち際でよく釣れるんですよ!でも波打ち際をキレイに引けるジグヘッドって無くって。普通はヘッドが下がって波打ち際だと底を擦るんです。でもSグラビティーヘッドなら平行姿勢でキッチリ引けます!」

との事。

 

それとヘッドサイズが大きく、プラグのようなフラッシング効果があります

プラグのようなフラッシング力はワームには少ない

ですがSグラビティーヘッドはヘッド面が大きく「キラッキラ」アピールします

 

その他にも

・貫通ワイヤーで大物にも対応

・水平姿勢を保ちながらフォール

・専用ワーム以外でも取り付けOK

など様々な特長があります。

 

ちなみに不安要素は飛距離

パッケージに飛距離については詳細が書いてない

近藤さんは「飛びます!」って言ってたけど、僕は疑ってますよ?ww

ヘッドが風の影響を受けそうなんですよねー

そこらへんは後日のインプレをこうご期待!

比較 

ヘッドは全て21g

上からフラッグシャッド4インチ、ハウルシャッド4インチ、Sグラビティーワーム3インチ

Sグラビティーはワームが3インチなのに全長が1番長い

全長約125mm

まさにプラグのようなワームです

写真を見るといかにヘッドが大きいかも一目瞭然ですね

アピール力高そう

パッケージ・内容 

パッケージは売り場で目立つ黒

ヘッド+ワーム装着済み×1、予備ワーム×1のセット

最後に 

とりあえず他ジグヘッドワームとの差別化はしっかりできていますね

水平姿勢でシャローを引ける、波打ち際までしっかり引ける、ヘッド部とサイズで強アピール

個人的には凪の日にゆ~っくり巻いて使いたい

期待できそうですね

でも、これだけは言いたい。高いッス!!笑

 

ABOUT ME
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
世界のさぁふぁ~(自称)@ペンギン
新潟の海に出没するペンギン。 自称「世界のさぁふぁ~」。 しかし、知名度は全くない。釣り歴20年以上のサンデーアングラー。 釣り道具のあれやこれを 今日も自分勝手に語り出す。